起業後最大の運命の分かれ道

M&A・営業譲渡・会社譲渡をお考えの方へ

最適なスキーム

M&Aにより得られる効果を最大にするためには、企業ごとの現状を的確に把握し、税務的見地、
統合後の管理体制、ビジネスモデル、資産価値、リスク等、様々な角度からM&Aの最適なスキームを
見出し実行しなければなりません。

角囿税理士事務所の支援体制

ストラクチャーの選択

デリューデリジェンス

買収企業を業種ごとに分析評価し、問題点を財務、税務、法務様々な面から調査し、
リスクヘッジを行います。

バリュエーション

株式評価や事業評価、無形資産の評価を通じて、適正な買収価格を算定し、
損をしないM&Aを実現します。

日本でもM&A事例が増えてきております。
これは企業の成長戦略の合理性、加速化の必要性を認識した経営者が増え、
スケールメリットを活かした勝算の高いビジネス展開が必要な時代となっていることを表しているのかもしれません。

売上高増加という足し算や何割増し発想ではなく、数乗単位でのビジネスの大規模かつ短期間での躍進を考える経営者様、是非ご相談頂ければ幸いです。